注意事項


取り返しのつかない要素

ストーリー進行上で出現する大半のボスマモノは、なんらかの未鑑定品をドロップします。
これを鑑定せずに捨てたり店で売り払ってしまうと、ライブラの書のマモノがドロップするアイテム欄が、永久的に「???」のまま埋まらなくなってしまいます。
これでセーブしてしまうともう取り返しがつかないので、処分するにしてもボスがドロップするアイテムについては、必ず鑑定してから行うようにしましょう。


スキルの素にご注意を!

スキルポイントは基本的にレベルアップしたときに一定量獲得することができますが、「スキルの素」というアイテムを使用すると3ポイント得ることが可能です。
かなりお得なアイテムですが、実はスキルの素を使用したあとにレベルリセットを行うと、せっかく得たスキルポイントも併せてリセットされてしまい、スキルの素が無駄になってしまいます。
なのでもうレベルリセットを行わない状況や、クラウンを獲得したあとで使用するのが望ましいです。
スキルの素は貴重品なので、使用する際はよく考えましょう。


詰まないための準備

本ゲームには、少なからず「詰みポイント」が存在します。
詰みとはいわゆる、ゲーム進行が不可能な状況に陥ることですね。
1つ例を挙げてみます。

詰み.jpg

現在位置は魔法禁止ゾーンで、拠点へと帰還できる「リターン」が使えません。
目の前の扉の先には、今のパーティー構成ではとても勝ち目のないマモノが待ち構えています。
そしてマップの構造上、後戻りはできません。
こんな状態で1つしかないセーブデータに上書きセーブをしてしまいました。
更に拠点への帰還アイテム「携帯非常口」を忘れてしまいました。

………

こうなるともうどうしようもありません。
はっきり言ってしまえば 詰み です。
こうならないためにも、ダンジョン探索の際は必ず「携帯非常口」を忘れず用意しましょう。
そして最低でも「拠点用」と「ダンジョン用」の2つに、セーブデータを分けておくことを強く推奨します。


コメント

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証

  • 最終更新:2017-06-05 09:49:47

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード